富山湾の深層水

富山湾の広さは約2,120平方キロメートル、最深部は1,000m以上あり、駿河湾や相模湾と並んで我が国で最も深い湾の一つです。
 富山湾は、大きく分けて三つの層で構成されており、海岸に近いところには河川などの影響を受けた塩分の低い「沿岸表層水」、その下層から200〜300メートル付近には「対馬暖流系水」、そして300メートル以深には低温の「日本海固有水」が無尽蔵に存在し、この日本海固有水が「深層水」と呼ばれ、富山湾の容積の約6割を占めています。
 深層水には、「低温安定性」「富栄養性」「清浄性」の三つの大きな特長があります。低温なことを利用し、トヤマエビなど冷水性魚介類の増養殖に活用しています。これまで表層水を生存環境に適した低温まで下げていたコストを大幅に抑えることができました。
 また、人類が必要とするカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分をバランス良く含んでいる深層水は、健康飲料や医薬品などの分野でも注目されています。
                                                 ▲ 富山県深層水協議会




<お問い合わせ> 株式会社 WAVE滑川

〒936-0021 富山県滑川市中川原410 TEL(076)476-9300 FAX(076)476-9301
e-mail: info@hotaruikamuseum.com >>ホームページはコチラ


〒936−0019
富山県滑川市坪川新31番地
TEL 076−476−9305 FAX 076−476−9306
e-mail: info@aquapocket333.com >>ホームページはコチラ